忍者ブログ
前置胎盤
おなかの上には乗らないで;;
里帰り出産予定で、
妊娠5ヶ月の妊婦健診は
里帰り先の病院に来いやーってことで、
軽い気持ちで出掛けた里帰り先の病院で、
お医者に「死ぬ気か」って言われて
口から魂が出そうになりました:(ヽ´ω`): ほわー

どうも私は「前置胎盤」というハイリスク妊婦だったらしく。
「新幹線乗ってる時に大量出血したら死ぬよ?」
ってことで。
予定では7月半ばぐらいに里帰りするつもりだったんだけど、
 「品川~横浜間ならまだ距離短いからいいけど、
 小田原まで遠いぜ?
 そこで出血したらどうすんの?
 救急車じゃ間に合わないよ?」
って言われて。
東京の大学病院で産むか、
そのまま里帰り先に滞在して産むか
の二択だということで、
里帰り先で産みたい私はそのまま里帰り先に滞在することに。
妊娠後期になってから危ないという話なのかと思って聞いたら、
前置胎盤は妊娠全期にわたって出血の可能性があって、
大量出血したら死ぬかもしれないそうです。

おなか痛くなって近所の大学病院にまわされた時に
前置胎盤だよっぽいことは言われたんだけど、それが
「出産時に大量出血で死ぬかもしれない」
「最悪子宮摘出になる」
そんなハイリスクなケースだとは知らなくて、
ほんとに口から魂が出そうでした。
もらおうと思ってた薬の話をするのを忘れちゃうぐらい。

というわけで。
いきなり半年ぐらい東京に帰れなくなっちゃいました(;`ω´)
姑さんがいるので、旦那さんの心配はあんまりしてないんですが
猫と半年会えないのはツライ…(ノД`)

自分でも「前置胎盤」ってのがよくわからなくてググった時に
受精卵が子宮口から出てしまったら妊娠は成立してないのです。
前置胎盤の赤ちゃんは子宮口から出てしまう寸前に
必死にしがみつき着床した、
とてもがんばり屋さんの赤ちゃん

という言葉を見かけて
じわっとしてしまいました。

旦那さんも私も「どうしてもほしい」という強い思いはなくて
出来たら産もうかなーなんてゆるーい考えではいたものの
なかなか出来ないもんだなー
女の人にはリミットがあるからなー
っていう気持ちもあったんですよね。

もしかしたら自分ではダメなんじゃないか
他の人だった方が良かったんじゃないか
っていう気持ちがいつもあるんですよ、私。
へなちょこなので。

だけど、そんなに頑張ってる子がいるんなら
私も頑張らないといけないかなー(´ω`)
なんて。
PR

2013/04/24 23:55 | Comments(0) | 中の人の日記

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)


管理人のみが見れる秘密コメントにする

<<7ヶ月の日々は | HOME | おひざ乗り猫ダブル。>>
忍者ブログ[PR]